読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく

誰得感満載な記事が多いかも。Mono関係とLinuxのサーバ関係、レビューとか。

X Windowでscreenやtmuxのような使い方を

X Windowでscreenやtmuxのような使い方できないのかな?

JDownloaderを使う機会があったのだけれども、PCをつけっぱなしにするのもどうかと思って、まず、RaspberryPiでどうにかできないか考え、やってみたのだけどJavaを動かすのにはちょっと遅くて使えるけど、いらいらする感じだったので、VPSでもやってみた。 RaspberryPiをX Serverとして、X forwaringでVPSで実行しているのをRaspberryPiで見るかたち。

やりたかったことは、X Windowでscreenやtmuxのようなに、プロセスを動きっぱなしにしていて、detachしてRaspberryPiをシャットダウンしても、VPSでは動いていて、RaspberryPiを起動してattachすれば、また使えるという感じ。

いろいろ調べたのだけど、xpraというのがやりたかったことを実現しているものだった。

インストール

Raspberry Pi側

$ sudo aptitude install xpra

vps

# wget --no-check-certificate https://www.xpra.org/dists/CentOS/5.9/i386/xpra-0.13.7-1.el5_9.i386.rpm
# wget --no-check-certificate https://www.xpra.org/dists/rpm/CentOS/5.9/i386/libfakeXinerama-0.1.0-3.i386.rpm
# rpm -ivh libfakeXinerama-0.1.0-3.i386.rpm

# yum install pygtk2 python-imaging python-ctypes libXcomposite libXdamage Xvfb xorg-x11-server-utils
# rpm -ivh xpra-0.13.7-1.el5_9.i386.rpm

使い方

X forwaringのオプションをつけて、sshでX Client側(VPS)に接続

Displayを指定して、xpraを起動

$ xpra start :2

管理したいプロセスを起動

$ DISPLAY=:2 java -Xmx512m -jar JDownloader.jar &

Ctrl+Cでdetach

attachするときは、 attach可能なリストを表示でする。

$ xpra list

attachしたいディスプレイ番号を指定して、attachする。

$ xpra attach :2

もう使わないよってときは、stop

$ xpra stop

あんまり使う機会はないけど、あると便利でメモしておかないと忘れそうだったので、書いておく。