読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく

誰得感満載な記事が多いかも。Mono関係とLinuxのサーバ関係、レビューとか。

X11Forwardingの設定と日本語IMEを有効にする設定

はじめに

RaspberryPiの設定の時も忘れてて調べたし、2年に一度ぐらい使うけど、忘れるので書いておく。

  • sshのX転送を利用してリモートでXクライアントを実行するための設定。
  • 日本語のIMEが有効にならなくて、イライラするのでその設定。

リモート側のsshサーバの設定(X11Forwarding)

# vi /etc/ssh/sshd_config
X11Forwarding no

X11Forwarding yes

に変更する。

サービス再起動

# /etc/init.d/ssh restart

日本語IMEを有効にする設定

リモート、ローカル両方でsshサーバの設定をする

# vi /etc/ssh/sshd_config
AcceptEnv LANG LC_* XMODIFIERS

を追加する。

# /etc/init.d/ssh restart

VPS(CentOS)のfirefoxをRaspberryPiで。

sshのX転送を使う(圧縮)

$ ssh vpsのサーバ -X -C

vpsのサーバにログインしたら

$ firefox

f:id:takeshich:20131030172443p:plain